水産珍味の製造工程

焼帆立をはじめ水産珍味を輸出販売しております

焼き帆立の製造工程

工場入口クリーンルーム

① 工場入口クリーンルーム

徹底的な衛生管理・品質管理で「made in Japan」の確かな品質・味を提供します。

味付けドラム

② 味付けドラム

原料と調味料をドラムに入れ2晩かけて回転させじっくり味をしみこませます。

乾燥・あん蒸

③ 乾燥・あん蒸

二段階の温度設定で合計20時間近くかけゆっくり乾燥しあん蒸します。

焼き

④ 焼き

連続ガス炉にて焼きを入れ、味に香ばしさと深み加えます。

⑤ パッキング・チェック・袋詰め

パッキング・チェック・袋詰め

一つずつピロ包装します。ピロ包装前・包装直後・袋詰め前と、製品の色や焼け具合や形などを3重でチェックし、良品のみ袋詰めされ出荷されます。

イカの燻製

燻製器

燻製製品は添加物で燻製味をつけるのではなく、燻製器を使い実際に煙で燻して製造する為、深みのある本物のスモーク味の珍味に仕上がります。

お問い合わせはお気軽に

06-6486-9058

会社案内お問い合わせフォーム

ホタテ干し貝柱専門通販ショップへ

Pgaetop