干し貝柱コラム

干貝柱通販情報やコラム、株式会社ダイイチのニュース

高タンパク食品のホタテ干貝柱、2個でタンパク質6.5g!

今、タンパク質に注目が集まっています。
「筋肉を作る栄養素」で知られていますが、それだけでなく、肌(皮膚)、髪、爪、内臓、血液など、人間の基本的な体づくりに大きな役割を担っています。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2020年版)」によると、タンパク質の1日の推奨摂取量は成人男性でおよそ60g/日、女性で50g/日。
この数値、一見少ないように思えますが、実際は3食しっかり意識して取り入れないとなかなか達成できないものです。
でも高タンパクの食品は高脂肪のものも多くてカロリーが気になるし、タンパク質だけ上手に摂れたらいいのに…

そこで、不足しがちなタンパク質をホタテの干し貝柱で補給してはいかがでしょうか?

もともとホタテ貝柱は、アミノ酸スコア100の良質なタンパク質なのですが、生のままでは保存や価格などの点で、気軽な補給には向いていません。
その点、干し貝柱は、ホタテの栄養と旨味をぎゅっと濃縮して保存期間は2年以上!
冷蔵庫に常備しておいて、小腹が空いたときにそのままかじればOK!

気になるタンパク質含有量は、なんとたった2個で6.5g!ダイイチのSAサイズ1個3g以上~5g未満の場合)メリットたくさんの優秀な食材なのです。

ホタテと肉類の栄養成分まとめ(100gあたり)
エネルギー
(kcal)
水分
(g)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
廃棄量
(%)
ホタテ貝柱(生) 66 82.3 13.5 0.9 1.5 50
干し貝柱 301 17.1 65.7 1.4 7.6 0
牛肉(肩ロース皮下脂肪なし) 373 48.6 14 36.5 0.2 0
豚肉(肩ロース皮下脂肪なし) 212 65.1 17.8 16 0.1 0
若鶏(もも皮つき) 190 68.5 16.6 14.2 0 0

ご覧のとおり、干し貝柱は100gでタンパク質がダントツの65.7g!
でも現実には一度に100gも食べられないので、1日2個で6.5gと捉えるのが良いですね。

ちなみに、干貝柱をそのままガリガリとおつまみとして食べた場合、お腹の中で水分を吸って膨らむので空腹対策にもなります。筋トレ前に、筋トレ後に、干物ですので携帯しやすく簡単でお手軽!おすすめです!

品質同じでお値打ちな割れ品(割れた正規品を集めたもの)もあります。

まずは北海道漁連正規品のダイイチの干貝柱でお試しください!

お問い合わせはお気軽に

06-6486-9058

会社案内お問い合わせフォーム

ホタテ干し貝柱専門通販ショップへ

Pgaetop